Amazonを騙るフィッシング詐欺が増加中!

Amazonを騙るフィッシング詐欺が増加中!

Amazonを騙るフィッシング詐欺が増加中!

最近はAmazonを騙るフィッシング詐欺が猛威を奮っています。

フィッシング対策協議会やJC3が「Amazon」を騙ったフィッシング詐欺が増加していると、注意を呼びかけています。

しかもタチが悪い事に、かなり手が込んでいて
見た目で見極めるのが困難になっています。

そこで今回、
未然に防ぐ為に長崎の皆様にシェアしていきたいと思います。

二次きょーしろ

二次きょーしろ

よければ他の人にもシェアして下さい!

本当に悪質なので、ご注意下さいね。
では、見ていきましょう。

そもそもフィッシング詐欺とは?

実在する組織や企業、サービスを騙って
個人情報(パスワードやクレジットカード情報など)を入手する詐欺のことです。

メールなどを餌にして、誘導する事から
「釣り(fishing)」と、「洗練されている(sophisticated)」の2つからくる造語です。

まとめると・・・

メールなど使い、誰もが知る企業などの名を騙って
うまく誘導し、不正に個人情報を入手する詐欺。

Amazonを騙るフィッシング詐欺?

最近増加しているAmazonフィッシング詐欺は
Amazonの名でメールを送ってくるのですが、
その件名とメール内容がかなりうまく作られています。

しかも、数種類あるというタチの悪さ。

例えば、こういうメールが送られてきます。

件名「Amazonアカウントを利用制限しています」

フィッシング詐欺資料1

件名「お支払い方法の情報を確認」

フィッシング詐欺資料2

これらは
前に実際僕に送られてきたフィッシングメールです。

前情報でAmazonのフィッシングが流行っていると知っていたので、メールは開かず、
正規のアカウントでログインし、
確認したのですが(やり方は後述記載)、
前情報が無かったら、押してしまったかもしれません。

二次きょーしろ

二次きょーしろ

詐欺業者のクオリティがやばいな

見分ける方法は?

よくよく見ると、文面がおかしかったり
URLがあきらかにおかしいなどが度々あったりしますが、確実ではありません。

一番確実なのは、
正規のアカウントにログインし、
そこのメッセージセンターで確認するという方法です。

少し手間はかかりますが、
送られてきたメールが、そのメッセージセンターになければ
疑っていいレベルのメール
になります。
少なくとも、Amazon本体が正規で送られてきたメールではありません。

わかりやすく画像でみてみましょう!

Amazonのトップページ「アカウント&リスト」より、「アカウントサービス」を選択します。

Amazonアカウント説明1

次に、「Eメールメッセージから「メッセージセンター」をクリック

Amazonアカウント説明2

メッセージの一覧が表示される

Amazonアカウント説明3

原則として、Amazonからのメールはすべてここで表示されます。

送られてきたメールがここにないという事は
疑ったほうがいいという事になります。

詐欺は未然に防いでいきましょう!

とにかく、怪しいメールからのリンクは踏まないのが原則です。
特にいまはAmazonからのメールは偽物の可能性があるので注意して下さい。

こちらの情報サイト「Rocket News24」様の記事で、
実際にAmazonのフィッシング詐欺のメールを開き、
どうなるのか検証している記事があります。

参考になるので、ぜひご見てみて下さい
Rocket News24

また、なにかあった際は下記の窓口でご相談下さい。

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧

迷惑メール相談センター

二次きょーしろ

二次きょーしろ

これから送られてくる可能性もあるので
ご注意下さい!

カテゴリー:
Generic selectors
完全一致検索
タイトルから検索
記事本文から検索
全ジャンルから検索
固定ページ内を検索
関連記事